〒272-0033 千葉県市川市市川南1丁目5−25 グロリアコート市川 1階
tel.047-326-0033

市川すずき消化器・内視鏡クリニック

MENU
内視鏡・外来予約
web問診

内視鏡検査

Medical

安心して受けられる、苦痛の少ない内視鏡検査(胃・大腸カメラ)

当院の特徴02

内視鏡検査というと、苦しい、つらい、痛いというイメージがあるのではないでしょうか?当院では鎮静薬を使った苦痛の少ない検査をおすすめしています。眠るようにリラックスして検査を受けることができます。朝早くから胃カメラを受けていただくことで、「検査で1日つぶれる」ということはありません。条件がそろえば、初診当日の胃カメラ検査も可能です。

ご希望により“おえっ”となりにくい鼻からの経鼻内視鏡、より詳細な観察のできる経口内視鏡のどちらも選んでいただくことができます。お忙しい方のために、胃カメラ・大腸カメラを同日に受けていただくことも可能です。大腸カメラでは検査前の準備として下剤を飲んでいただくのですが、自宅で飲んでいただいてもよいですし、クリニック内に3つ設けている専用のスペース(個室)でテレビなど見ながら準備していただくことも可能です。それぞれトイレも併設しております。ポリープの大きさによっては、検査当日の日帰りポリープ切除手術も対応いたします。

女性医師も在籍しています

女性医師検査可能曜日:
毎週月曜日、第2・4土曜日

鎮静剤で眠るようにリラックスして受けられる

鎮静剤を使ってうとうと~眠った状態のまま検査を受けていただけます。検査中、カメラが体内に入る違和感や、お腹の張りによるつらさを和らげられるので、検査当日に車を運転する予定がない方にはおすすめの方法です。

炭酸ガスで検査後のつらさも少なく

胃・腸に空気を入れる従来の手法ではなく、体に吸収されやすい炭酸ガスを使用する手法で、検査後のお腹の張りも軽減します。

胃カメラ・大腸カメラ同日検査でダブルの安心を

胃と大腸の内視鏡検査を同じ日に受けていただくこともできます。来院や検査の準備も一度で済みますし、所要時間も大腸カメラ検査だけよりも数十分増える程度で、とても便利です。

最新鋭の富士フイルム内視鏡システム

当院では富士フイルムの最新内視鏡システムを使用しております。

LED光源搭載内視鏡『6000システム』

LED光源搭載内視鏡『6000システム』

LED光源搭載内視鏡システム「6000システム」は,観察に適した画像を作り出す技術「Multi-Light Technology(マルチライトテクノロジー)」により,微小な病変の発見をサポートします。

◎画像強調観察BLI/LCI機能に対応

複数の照明の発光強度比を制御して、白色光と短波長狭帯域光を生成し、画像処理を組み合わせることで、観察に適した画像を作り出す技術「Multi-Light Technology」を採用した6000システムの専用スコープ。粘膜表層の微細な血管や粘膜の微細な構造などを強調して表示する機能「BLI」や、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示する機能「LCI」により、炎症の診断や早期がんに特徴的な微小な病変の観察をサポートします。

富士フイルム内視鏡システムで撮影した写真

◎光学拡大倍率約145倍を実現

光学拡大倍率約145倍を実現し、粘膜表層を詳細に観察できるため、微小病変の早期発見への貢献が期待されます。また、近接1.5mmからの観察が可能なレンズを採用し、粘膜表層の微細な血管模様や構造の視認性向上が期待できます。

内視鏡炭酸ガス送気装置

内視鏡炭酸ガス送気装置

内視鏡検査の際、微小な病変を見逃さないように空気を送り込みながらひだを伸ばし観察を行う必要があります。しかし空気では検査中膨満感や圧迫感による苦痛が出現します。当院では少しでも患者様の苦痛が緩和できるよう、空気よりも約200倍生体吸収に優れている二酸化炭素を使用しています(内視鏡炭酸ガス送気装置)。よりスムーズで、安全な内視鏡検査をサポートします。

胃カメラ・大腸カメラに関する詳しい情報は下記をご参照ください。